ナカジマレディースクリニック   プライバシーポリシー
当院の不妊治療当院の不妊検査
治療実績
考え
施設案内
婦人科について
menu
⇒不妊症検査一覧 ⇒不育症検査一覧 ⇒不妊症治療一覧
⇒不育症治療一覧 ⇒不妊検査・一般不妊治療説明
⇒生殖補助医療(ART)説明 ⇒不妊治療関連費用一覧
不妊症検査一覧
  検査一覧
排卵検査 基礎体温(BBT)測定、排卵前後の超音波モニター、ホルモン検査
黄体機能検査 基礎体温(BBT)測定、ホルモン検査
卵管検査 卵管造影検査、クラミジア抗原検査、クラミジア抗体検査
頚管検査 排卵期の頚管粘液検査、フーナーテスト、精子不動化抗体測定
子宮内膜検査 排卵期の超音波モニター、子宮内膜組織診、子宮鏡
精子検査 精液検査
 
不育症検査一覧
  検査一覧
子宮の検査 子宮卵管造影、子宮鏡、ソノヒステログラフィー
内分泌の検査 基礎体温(BBT)測定、黄体ホルモン、PRL、
甲状腺ホルモン測定、糖尿病検査
子宮内感染症検査 梅毒、トキソプラズマ抗体検査
自己免疫異常 血液凝固検査(PT、ループスアンチコアグラント)
自己抗体測定(抗核抗体、抗カルジオリピン抗体)
不規則性抗体
染色体検査  
免疫学的因子  
 
不妊症治療一覧
人工授精(IUI) 洗浄濃縮法
体外受精胚移植 一般体外受精(IVF−ET)、顕微授精(ICSI)、胚盤胞移植
二段階胚移植、孵化補助術(As sisted Hatching)、
胚凍結(緩慢凍結法)
精子凍結保存  
 
不育症治療一覧
抗凝固療法(低用量アスピリン療法)
 
不妊検査・一般不妊治療
子宮卵管造影
  当院では、痛みが少なく妊娠率の向上する油性造影剤を用いて卵管の通過性を調べます。
人工授精
  遠心分離により不純物を取り除いた濃縮精子を子宮内に注入します。
 
生殖補助医療(ART)
体外受精
  ミニインキュベーターを用いた培養法や、レーザーアシステットハッチング、胚盤胞移植など最新技術を用いた方法で行います。
顕微授精
  Piezo(ピエゾ)-ICSIという、卵に優しい受精法を採用しています。
胚凍結法
  プログラムフリーザーという機械を用いて、ゆっくりと受精卵を凍結させる緩慢凍結法を行っています。
 
体外受精成否の鍵の一つに、培養室の空気清浄度があります。当院では特殊な空調装置を用いて、採卵室および培養室の清浄度を手術室レベル以上にコントロールしています。
 
不妊治療関連費用一覧
体外受精や顕微授精などは保険外診療になります。治療内容の変更、追加などにより多少増減する場合がありますので、一応の目安としてください。
(保健適応外診療には、別途、消費税が必要となります。)
体外受精 200,000円
(内訳)  採卵 50,000円
   精子・胚培養 100,000円
   胚移植 50,000円
 
胚凍結・胚融解移植法  
(内訳)  胚凍結(1年間) 50,000円
   胚融解(追加培養含む) 75,000円
   胚移植 50,000円
   胚凍結延長(半年間) 20,000円
 
その他
 顕微授精 100,000円
 胚盤胞培養 20,000円
 アシステッドハッチング 20,000円
 精子凍結保存 20,000円
 人工授精 20,000円
 
 
※治療費は治療毎にいただきます。治療が途中で中断した
 場合は、それ以降の料金は頂きません。
※体外受精には、上記治療のほか薬剤費として、4〜5万円
 ほどが別途必要です。
 
 
  copyright