ナカジマレディースクリニック   プライバシーポリシー
ごあいさつ
診療案内
不妊について
治療実績
考え
施設案内
婦人科について
 
受付
 
明るい雰囲気で皆様をお待ちしております。
待合
予約システム ⇒予約はコチラ
皆様のプライバシーにも配慮し、呼び出しは、モニターで行っております。
ご自宅のパソコンや携帯電話から予約ができます。
診察室
 
比較的ゆったりした空間で診察を受けて頂けます。またカルテのペーパーレス化を目指して、電子カルテを中心に予約システムと、画像システムを連動させております。⇒詳しくはコチラ
内診室
 
皆様にリラックスして診察を受けて頂けるような空間を作りました。
超音波骨密度測定装置
コルポスコープ
当院では、最新鋭の超音波骨密度測定装置GE Lunar社製A-1000 In Sightを設置しています。
骨の健康度を確認し、日常生活での様々な危険要因を見直すことが、骨粗鬆症を予防する第一歩です。
子宮がん検診で要精査(クラスVα以上)の人に対して行う検査の機器です。子宮の一部を拡大して観察します。
レントゲン室
CRシステム
コンパクトで高性能な機械を導入することにより、従来のレントゲン室にはない比較的狭い空間での子宮卵管造影が可能となりました。テーブルもパステル調で、皆様に安心して検査を受けて頂けます。
この機械があることによって現像室が不要となり、レントゲン室が明るくオープンな雰囲気になりました。この機械は、画像をデジタル処理し、電子カルテに転送します。
体外受精室(最新鋭の機械を導入しています)
 
ピエゾICSI
卵へのダメージが少ない顕微授精のシステムです。
レーザー発生装置
アステッドバッチング(着床しやすくする方法)や精子不動化に用います。卵や精子に与えるダメージが非常に少ないのが特徴です。
プログラムフリーザー
胚の凍結保存に使う機械です。この機械は温度変化が安定していてより高い胚の生存率を実現しています。
ミニインキュベーダー
温度変化や気象変化が極端に少なく、グレードの高い胚発生が可能です。
SMAS(自動精子カウンター)
 
精子の濃度、運動率、直進性などをコンピューターで解析する装置です。
手動で解析する方法を異なり客観的なデータが得られます。
空調システム
処置・手術室
体外受精や手術の成否には、空気清浄度が、非常に重要な要素となります。当クリニックでは、培養室と処置・手術室でクラス1000以下という、非常にクリーンな環境を維持しています。
クラス1000以下とは
太平洋の真ん中(=クラス10万)より100倍きれいな空気
クリーン度は一般病院の手術室並です。ここで体外受精の採卵や、腹腔鏡手術、その他小手術を行います。又、全身麻酔機や呼吸心電図モニターを装備しており、患者様の安全を第一に考えております。
病室
窓を大きくとることにより、光の差し込む明るいお部屋です。処置を受けられた方が回復されるまでの間、ゆっくりとお休み頂けます。
 
 
  copyright